ホーム |  催し予定 |  ネットショップ |  個人情報の取扱い |  アクセス |  お問合せ
ブログ(活動日誌)アクセス数:  
 
kudejuのネットショップを開店しました

JUGEMテーマ:自然 山 木に関する話

賀露おやじの会が、森林の保護の切り札として取り組んでいる木製家具組立グッズ「組手什」(kudeju)を紹介するホームページを作成し、ネットショップもオープンしました。

kudeju.com

一度、見ていただければ幸甚です。

 

 

小黒三郎ワークショップ組木のどうぶつえん11月26日(土)27日(日)福山市

 

福山市市制施行100周年記念事業

体験参加型ぼワークショップinふくやま

世界の巨匠組木作家 小黒三郎 講演会&ワークショップ

日時:平成28年11月26日(土)27日(日)

場所:福山市ものづくり交流館 福山市西町1−1−1 TEL084−923−1191 エフピコRiM7階

 

同時開催:鳥取との交流(連携)ワークショップ

 NPO法人 賀露おやじの会 「鳥取の木で作るオモチャからファニチャーまで」

    自由設計組み立て家具「組手什」ほか

熊本地震を組手什で支援
 賀露おやじの会では、智頭杉でつくる木製家具組立キッド「9de10(クデジュウ・組手什)」の生産と販売に取り組んでいます。森林は日本の国土の67%を占め、大きな自然資源ですが、外材の輸入自由化と共に荒廃が進んでいます。美しい森林を取り戻すには、木を使う暮らしを取り戻すことが必要と考え、大きな量ではありませんが、組手什に取り組んでいます。


 東日本大震災が発災したときに商品化したこともあり、被災地に持って行ったところ、支援物資の集積地では物資の整理棚、避難所ではプライバシーを守るパテーションや床で生活することに苦痛を感じる高齢者の皆様の椅子、そして、仮設住宅は狭いので、隙間家具として自由にレイアウトできる組手什は重宝され、鳥取からは1万本を支援物資として贈りました。このとき、受け入れてくれた日本バイオマスネットワークのみなさんは、これはいいものだと今、組手什の生産グループに参加されるようになりました。

 今回の熊本地震でも、同じように支援ができないか、検討するため、4月末には熊本に調査に入り、一緒に動いていただいた国土緑化推進機構とも協議を持ち、今回も頑張ることにしました。
石垣が崩れた熊本白 崩れた熊本城の石垣

 国土緑化推進機構の緑の募金の中で、熊本支援という使途限定型の募金として集め、組手什の原材料費や子どもたちの心を癒やす花のプランターなどの事業費に充てます。
中学生と組手什を組み立てました阿蘇市の避難所では中学生たちと組立ました。
 ご協力いただける方は、私たち賀露おやじの会、鳥取県緑化推進委員会へご連絡下さい。また、熊本で組手什を組み立てるボランティアツアーも計画中です。また、ご連絡しますので、ご協力をお願いします。
 
セブンイレブン記念財団     ASI