ホーム |  催し予定 |  ネットショップ |  個人情報の取扱い |  アクセス |  お問合せ
ブログ(活動日誌)アクセス数:  
 
日本財団の笹川会長らに里山保全活動を説明しました。
賀露おやじの会は、若葉台を舞台に、子どもたちと森の中で散歩する「森のようちえん」や薪割り体験、里山クッキングなど様々な活動を展開する「若葉台里山塾」を運営していますが、こうした活動を聞きたいと日本財団の笹川陽平会長、尾形理事長、佐藤常務理事らがお見えになりました。

若葉台の森の現状、そして、千代川流域全体で、県産材振興や森の健康診断などに取り組む私たちの活動を1時間半を超えて熱心に聞いていただきました。ミャンマーなど東南アジアで森林保全活動に取り組んおられるそうですが、今後、日本の里山の環境問題にもっと取り組んいかないといけないとの考えを持ちだそうで、それで、来訪されたとのことでした。

森林の保全は、深刻で、そして、喫緊の課題です。しかし、もう一度、私たちが自然との付き合い方を考えなおすことで、きっと解決できる課題です。なぜなら、人間は、その種の誕生以来、間違いもありましたが、森と良好な関係を築いてきたからです。頑張って行きたいと改めて思っています。
 
セブンイレブン記念財団     ASI